無垢のチェアを通販でGET!無垢チェア比較編

三角の画像

Home > 無垢チェアの豆知識 > 生涯使い続けられる無垢材のチェア

生涯使い続けられる無垢材のチェア

長持ちする家具がほしいのであれば、無垢材で作られたものを利用することをお勧めいたします。
理由として挙げられるのは、木材という素材の丈夫さや、日々使う人の手になじむように成長するからです。
例として無垢材で造られたダイニングテーブルやチェアは、ずっと使い続けていくうちに光沢をまし、手入れをすればするほど家になじむといいます。
形状によって人間にぴったりといえる形に仕上げられていることも多く、利用する人の身体がリラックスできるようになっていることも特徴といえるでしょう。
また、微小な傷がついても紙やすりやサンダーを使って補修ができるのもメリットといえます。
水気をはじめとした湿気はできるだけ素早くふき取れるようにしておき、汚れもすぐにふき取れるようにしましょう。
また、微細な傷は自分でなおせるように、前もって家具店で手入れ方法を学んでから買うと生涯使い続けやすいです。



無垢材を使ったチェアの魅力や選び方

インテリア家具には、無垢・集成材で作られたチェアもあって、カフェ風インテリアから、ナチュラルテイストの暮らしに馴染むと評価されています。
無垢は、自然な風合いや木目の表情が楽しめる点、さらに歳月と共に味わいを増す変化が楽しめるのも特徴です。
チェアにも使われますが、年輪の向きが違う材木を交互に集成することで、湿気による反りなどに対する材の安定性をアップできます。
長く愛用したいチェアは、高さ調節ができ、天然木の美しさを生かした自然オイル仕上げで、背もたれや座面には風合い豊かな木材、フレームには強度を求めることも大事です。
またスタイリッシュなインテリア家具として用いりたい場合、すべてを無垢材で作るのではなく、身体に優しくフィットする丸みのある曲げ木を背部や座面に配し、脚部分はスチール製で仕上げることも一利あります。
もちろん、座面にクッションをセットすることで座り心地にも配慮できます。



無垢のチェアの使い勝手やメンテナンスの良さ

無垢材のチェアやベンチは、オイル仕上げとウレタン塗装によって、メンテナンスに違いがあります。
表面にオイルが塗られているのか、樹脂で塗膜が張られているのか、木材を保護する仕上げの違いは、長く愛用したい家具全般のメンテナンスに関わります。
オイル仕上げの場合、乾拭き、または、水気を堅く絞ったソフトな布で拭きます。
一方、ウレタン塗装では水拭きも問題なく、また、設置する場所も、室内のみならず、中庭やバルコニーなどにも設けることができます。
様々な家庭から話題なのは、浮造り仕上げのチェアで、無垢材の板の柔らかな部分を削り、オウトツを付けた手法で、木目を浮き立たせ、風合い豊かに魅せられます。
このことからも、和モダンな空間にレイアウトする人も多い傾向です。
また、DIYで収納ボックスをチェアや、ベンチ風に仕立てる技を駆使するユーザーもいるほどです。

次の記事へ